住宅ローン減税「50㎡の壁」という意外すぎる死角に注意!!

不動産購入お役立ちブログ
住宅ローン減税「50㎡の壁」という意外すぎる死角に注意!!

2021.07.16

皆さん、住宅を購入すると、所得税や住民税が安くなる「税金の特例」を受けられることはご存知でしょうか?

受けることができるのです!!

持ち家対象の税金の特例はいくつかあり、多くの特例で条件になるのが家の面積なのです。

「床面積50㎡以上」が条件となることが多いのですが、、、

「50㎡以上の家を買ったつもり」が「50㎡に満たない」と判定されて特例が使えないケースも過去ございました。

そこで今回は3つのことについてご紹介していきます。

1、税特例の代表、「住宅ローン減税」とは、、

2、「床面積50㎡以上」が「床面積50㎡未満」のお家に、、、このカラクリとは

3、「親からの資金提供」で使える税特例

税特例の代表、「住宅ローン減税」とは、、

住宅ローン減税「50㎡の壁」という意外すぎる死角に注意!!

税特例の代表である「住宅ローン減税」とは一言で言うと、、、

住宅ローンを組んでマイホームを購入すると、原則10年間、年末時点のローン残高の1%が所得税から控除される特例です。


例えば、、、

年末時点で3000万円のローン残高がある場合、30万円の税額が所得税から控除されます。
その時に所得税だけで引ききれない場合は、住民税からも控除されます。
 

そこでこの住宅ローン減税を受けるにはいくつか条件があり、代表的なのが「床面積50㎡以上の住宅に適用」という条件です。

この「50㎡以上」は、次に挙げるほかの税特例でも条件になることが多い数値です。

・「住宅ローン」減税
・「住宅取得等資金贈与」の特例
・「登録免許税」の軽減
・「不動産取得税」の軽減
・「固定資産税」の軽減
・「すまい給付金」の受給


なので「床面積50㎡」のカラクリはしっかり知っておきましょう!!

「床面積50㎡以上」が「床面積50㎡未満」のお家に、、、このカラクリとは

住宅ローン減税「50㎡の壁」という意外すぎる死角に注意!!

税金の優遇を受けるうえでの床面積というのは、、、

登記所に登録される正式な「登記簿面積」のことを指します。

この登記簿面積、実は不動産広告に書かれている「専有面積」との間にズレがあることはご存じでしたでしょうか?

一般的に不動産業者の間では、専有面積は壁の厚みの中心線「壁芯」で測定します。

一方、登記簿面積は壁の内側だけの面積「内法」で測るので、壁の厚みをまったく含みません。広告にある数値と登記簿面積の数値は5%ほど違うとされています。

なので壁芯・内法という面積の測定方法の違いから、「50.00㎡(壁芯)と広告にはあったのに、登記簿上は48.00㎡で、ギリギリ住宅ローン控除を受けられなかった」というケースも稀にあります。

なので家を購入する際は、図面上で50㎡以上あるからと安心せず、必ず「登記簿上でも50㎡以上ある」ことを確認するようにしましょう!!

「親からの資金提供」で使える税特例

住宅ローン減税「50㎡の壁」という意外すぎる死角に注意!!

その他にも、税金の特例を受けられるはずだったのに、「住宅購入費を払うタイミング」次第で税金特例の対象外になる場合もあるのです。

住宅を購入されるにあたって親から援助を受ける方もいると思割れますが、このとき使える制度がありまして、、、

それが「住宅取得等資金贈与の特例」です。

この特例、50㎡以上のほかにも注意してほしい条件があります。

前提として、たとえ自分の両親や祖父母であっても、年間110万円を超えるお金を贈与されると「贈与税」が発生します。

しかし、110万円以上の贈与があっても、そのお金が「住宅を買うための費用」として使われた場合、役所へ贈与税申告をすれば一定額まで非課税で受け取ることができるというものです。

この特例にも50㎡以上という面積条件がありますが、気をつけてほしいのが「受け取った住宅資金を、どのタイミングで使ったか」です。

タイミング次第では特例対象外となり、贈与税がかかる場合がありますのでその点もご注意ください。

まとめ

住宅ローン減税「50㎡の壁」という意外すぎる死角に注意!!

お家をご購入される場合には税金の控除の特例などがたくさんあります。

その特例一つ一つに条件もございますので、その条件ギリギリの場合などは何度も確認をすることをお勧めします。

支払わなくてもよかった税金を払ってしまった。などがあり、後ほど気づくと間に合わなかった。と言うことありますので、このような特例もあるということ覚えて頂けるといいと思います。

これからも宜しくお願いします。

odin-nishi

odin-nishi

オーディン不動産販売&リノベーション サイトにお越し頂き有難うございます。 オーディン都市開発(株)の西と申します。 私自身、不動産業界に身を提示て早20年以上の月日が経ちました。 昨今の不動産業界と言えば、ちょうどデジタル化に対応した会社と、そうでない会社に二分されており、弊社はどちらかと言えば、いち早くデジタル化を推奨とした企業になります。 お家探しも、今やネットでサクサク検索できる時代です。 ですが、まだデジタルに対応したロボットが案内をしてくれる所までは時代は進んでいません。 そこはやはり、「人」に頼らざる得ません。 ですので、弊社では不動産業界の経験値がある人員にて、業務を行なっております。 1から10まで全て仕事をこなせて、始めて人に安心感が与えられる「一人前」の仕事ができると弊社では考えております。 次に何が起きて、そのための準備は何で、、など、不動産の購入・または売却というのは、本当に分かりにくいものです。 それを分かりやすく且つ、気持ちの良い取引をして頂く。 これをモットーとして、弊社ではお客様に携わらせて頂いております。 ただ単に物件を買うだけでしたら、本当にAIの方が優れているでしょう。 ですが、人であるからこそできる人情、嬉しい楽しいなどといった感情を、共に共有できればと思います。 弊社はご縁を大切にしています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


odin-nishi

odin-nishi

オーディン都市開発株式会社      代表取締役 西 恭平         サイトにお越し頂き有難うございます。 弊社は「セットローン」を活用した新しい住宅ローンが組める唯一無二な会社です。お陰様で社歴も長く45年目に突入しております。                金融機関様からの支援も賜り、弊社における金利の優遇も他にはない利率にて、住宅ローンがお組み頂けます。※最大0.32%の金利も実現!住宅購入&リノベーションは是非とも弊社にお任せ下さい。

最近の記事

  1. 【取り引き前に押さえておきたい】不動産購入の流れ:その3~購入手続きから引き渡しまで~

  2. 大阪メトロ谷町線「喜連瓜破」徒歩6分♪部屋数たっぷり室内綺麗な3階建て5LDK138㎡/陽当たり・通風良好!阪神高速入口も近いです!

  3. 【どうやって探す?調べる?】不動産購入の流れ:その2~不動産物件情報の収集・調査~

TOP