リノベーションをわかりやすく解説②♫

不動産購入お役立ちブログ
リノベーションをわかりやすく解説②♫

2021.05.14

リノベーション徹底解説②と言うことで基礎知識ではなく、知っておくとリノベーションの幅や仕組みなどが分かる表面的な面ではなく、今回は内面的な面を1つご紹介していきます。

『リノベーションをするにあたって出来ること・出来ないこと』

リノベーションをするにあたって出来ること・出来ないこと

リノベーションをわかりやすく解説②♫

リノベーションのメリットとして一番に上げられるのが自由度の高さです。

なのでリノベーションでは大抵のことはできます。
しかし出来ないことも当然あります。

なので、できないことから解説していきましょう。

「できないこと」は元の建物に使われている材料や作り方が原因になることがほとんどです。

マンションリノベの場合建物が鉄筋コンクリート造鉄骨造の場合でその「できないこと」が変わってくるのです。

なので前々から知識として理解しておくことをオススメします!!
 

リノべーションで出来ないこと!!

リノベーションをわかりやすく解説②♫

1、マンションをリノベーションする場合

マンションで一番難しいのは、水回りの移動なのです。
(キッチン、浴室、トイレ、洗面所等の配置移動)

排水には配管、1メートルに対して1センチの傾きが必要です。
なので移動する位置によっては配管を傾けられない場合や床を上げて傾きをつけなければなりません。
床を上げるとその分天井が低くなったりという問題が出やすく、工事が困難なためできないのです。

また、集合住宅の場合ならではの制限として、玄関ドアや窓などの共用部分にあたるものの交換もできないのです。

2、建物が鉄筋コンクリート造の場合

鉄筋コンクリートは「壁に穴を開ける」「梁を壊す」「柱を取り除く」等の構造に関わることは耐震の面や家の強度に関わってくるため行うことはできません。

基本的に木造の壁であれば取り除くことは可能です。
(一部、壁式工法、ラーメン工法といった構造の種類による壁の移動が出来ない場合も有ります)

3、建物が鉄骨造の場合

鉄骨造も、基本的な考え方は鉄筋コンクリート造と同じです。
「窓を大きくしたい」「現在外壁になっているところにドアをつけたい」「屋根に天窓をつけたい」など、家の構造に関わるため難しくなります。

しかし内装や間取りについては自由に対応可能な場合が鉄筋コンクリート造に比べるとかなり多いです。



上記三つのパターンのようにリノベーションで重要なことは、元の建物で使われている材料や作り方をしっかりと確認することです!!
 

リノベーションで出来ること!!事例①

リノベーションをわかりやすく解説②♫

弊社のリノベーション物件を用いてご紹介していきます。
(鉄骨造、三階建て、戸建て)

戸建ての場合は水回りを移動が可能なので
①浴室の位置、トイレの向き、キッチンの場所を大胆に移動しました。

②一階の和室が広々としたランドリールームに変更しました。
さらにクローゼットがなかった和室の部屋が大きなクローゼット付きの洋室に変更しました。

③二階は壁を取り除き、全体をLDKに変更しました。

④三階はクローゼットだった部分はクローゼットを取り除き、書斎スペースに変更しました。

このように変更できない部分もありますが、鉄骨造の戸建てのお家でしたらこのようなリノベーションもできます。

リノベーションで出来ること!!事例②

リノベーションをわかりやすく解説②♫

(鉄筋コンクリート造、マンション)

マンションの場合の水回りの移動はできないが排水位置を支点に向きを変えることは出来るのです。
①キッチンの向きを変更しました。

②和室とLDとの区切りをなくし、LDKに変更しました。

③洋室2つの壁を取り除き、広い洋室に変更しました。

④収納と洋室の一部を使い、三帖以上のウォークインクローゼットに変更しました。

マンションの場合でも建物の構造上、主要な柱や梁などはそのままで大胆に壁を取り除き、広々としたお家にできます。

まとめ

リノベーションでも出来ないことはあります。

なので「できないこと」だけを把握していただければ他は何でもできるので、まずリノベーションされるお家の構造や方法などを改めてお調べしておくことを勧めます。

今回の紹介も一つの知識として覚えていただければ嬉しいです。

これからもよろしくお願いします!!

odin-nishi

odin-nishi

オーディン不動産販売&リノベーション サイトにお越し頂き有難うございます。 オーディン都市開発(株)の西と申します。 私自身、不動産業界に身を提示て早20年以上の月日が経ちました。 昨今の不動産業界と言えば、ちょうどデジタル化に対応した会社と、そうでない会社に二分されており、弊社はどちらかと言えば、いち早くデジタル化を推奨とした企業になります。 お家探しも、今やネットでサクサク検索できる時代です。 ですが、まだデジタルに対応したロボットが案内をしてくれる所までは時代は進んでいません。 そこはやはり、「人」に頼らざる得ません。 ですので、弊社では不動産業界の経験値がある人員にて、業務を行なっております。 1から10まで全て仕事をこなせて、始めて人に安心感が与えられる「一人前」の仕事ができると弊社では考えております。 次に何が起きて、そのための準備は何で、、など、不動産の購入・または売却というのは、本当に分かりにくいものです。 それを分かりやすく且つ、気持ちの良い取引をして頂く。 これをモットーとして、弊社ではお客様に携わらせて頂いております。 ただ単に物件を買うだけでしたら、本当にAIの方が優れているでしょう。 ですが、人であるからこそできる人情、嬉しい楽しいなどといった感情を、共に共有できればと思います。 弊社はご縁を大切にしています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


odin-nishi

odin-nishi

オーディン都市開発株式会社      代表取締役 西 恭平         サイトにお越し頂き有難うございます。 弊社は「セットローン」を活用した新しい住宅ローンが組める唯一無二な会社です。お陰様で社歴も長く45年目に突入しております。                金融機関様からの支援も賜り、弊社における金利の優遇も他にはない利率にて、住宅ローンがお組み頂けます。※最大0.32%の金利も実現!住宅購入&リノベーションは是非とも弊社にお任せ下さい。

最近の記事

  1. 【取り引き前に押さえておきたい】不動産購入の流れ:その3~購入手続きから引き渡しまで~

  2. 大阪メトロ谷町線「喜連瓜破」徒歩6分♪部屋数たっぷり室内綺麗な3階建て5LDK138㎡/陽当たり・通風良好!阪神高速入口も近いです!

  3. 【どうやって探す?調べる?】不動産購入の流れ:その2~不動産物件情報の収集・調査~

TOP